中野晴啓『運を天に任すなんて―素描・中山素平』

【読んでいる人】

中野晴啓経営者、セゾン投信)

【キーワード】

【コメント】

・中野晴啓「私心なき仕事、人としての気概を学ぶ」

運を天に任すなんて―素描・中山素平 (光文社文庫)

55歳で日本興業銀行頭取、戦後の日本経済の難問を解決し、「財界の鞍馬天狗」と呼ばれた男―中山素平。中山が好んで使う、「運を天に任すなんて」は、課題なり仕事なりに立ち向かうときの姿勢を指す。やはり中山が好む、レーニンの「問題は解決するために提出される」に通じる。40年に及ぶ親交をもつ著者が、男の“気概”を描ききった。

【目次】

1 寮歌嫌い
2 転勤また転勤
3 命がけの出張
4 降格人事、不遜な人事
5 「副頭取は困る」
6 鬼か留守居役か
7 後継者人事
8 世の中への出向
9 相談役の真価
10 粋な冗談

運を天に任すなんて―素描・中山素平 (光文社文庫)
タイトルとURLをコピーしました