内田和成「十八史略」

【読んでいる人】

内田和成学者、経営学者、コンサルタント

【キーワード】

【コメント】

・内田和成「王朝の歴史はグローバル」

十八史略 (講談社学術文庫)

中国の歴史のエッセンスを面白く楽しく読む 神話伝説の時代から南宋滅亡までの中国史のエッセンスが凝縮。膨大な歴史の中で躍動する人物たち、人生の悲喜劇が手軽にかつ面白く読める『十八史略』の好案内書

神話伝説の時代から南宋滅亡までの中国の歴史を一冊に集約した『十八史略』。「臥薪嘗胆」「鶏鳴狗盗」「三顧の礼」など、そこには人生を生きる知恵が煌めいている。太公望、韓信、孫〓(ひん)、諸葛孔明、関羽をはじめ躍動する多彩な人物、飛び交う権謀術数、織りなされるさまざまな悲喜劇―。簡潔な記述で面白さ抜群、中国の歴史・文化理解のための必読書。

【目次】

第1章 太古――神話の時代
第2章 五帝――堯と舜と
第3章 三代――殷周革命
第4章 春秋 1――呉越の戦い
第5章 春秋 2――魯と孔子
第6章 戦国 1――田氏斉の盛衰
第7章 戦国 2――燕と秦
第8章 秦代――始皇帝と秦の興亡
第9章 前漢 1――悲運の英雄・韓信
第10章 前漢 2――武帝とその時代
第11章 後漢 1――光武帝の登場
第12章 後漢 2――三帝の時代
第13章 三国――三国争覇の歴史
第14章 唐代――則天武后
第15章 宋代――南宋の滅亡

十八史略 (講談社学術文庫)
タイトルとURLをコピーしました