小川賢太郎『ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』

【読んでいる人】

経営者

【キーワード】

, 

ある明治人の記録 改版 - 会津人柴五郎の遺書 (中公新書)

明治維新に際し、朝敵の汚名を着せられた会津藩は、降伏後いかなる運命をたどったか。維新の裏面史を赤裸に描く回顧録。

明治維新に際し、朝敵の汚名を着せられた会津藩。降伏後、藩士は下北半島の辺地に移封され、寒さと飢えの生活を強いられた。明治三十三年の義和団事件で、その沈着な行動により世界の賞讃を得た柴五郎は、会津藩士の子であり、会津落城に自刃した祖母、母、姉妹を偲びながら、維新の裏面史ともいうべき苦難の少年時代の思い出を遺した。『城下の人』で知られる編著者が、その記録を整理編集し、人とその時代を概観する。

【目次】
第1部 柴五郎の遺書(血涙の辞
故郷の山河
悲劇の発端
憤激の城下
散華の布陣 ほか)
第2部 柴五郎翁とその時代(遺書との出会い
流涕の回顧
翁の中国観
会津人の気質
痛恨の永眠)

ある明治人の記録 改版 - 会津人柴五郎の遺書 (中公新書)
タイトルとURLをコピーしました