山本梁介『学問のすゝめ 』

【読んでいる人】

経営者

【キーワード】

, 

【コメント】

・山本梁介「かつてリーダーシップを履き違え、会社を手放してしまった経験があり、その際、本を読み返し改めて「人望」の大切さを実感した」

学問のすゝめ (岩波文庫)

【内容】

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」。著名なこの一文で始まる本書は、近代日本最大の啓蒙家である福沢諭吉(1835‐1901)が、生来平等な人間に差異をもたらす学問の意義を、平易な文章で説いた17の小篇からなる。西洋実学の批判的摂取をすすめ、明治の人心を啓発したその言は、今日も清新である。

【目次】

人は同等なる事
国は同等なる事
一身独立して一国独立する事
学者の職分を論ず
明治七年一月一日の詞
国法の貴きを論ず
国民の職分を論ず
我心をもって他人の身を制すべからず
学問の旨を二様に記して中津の旧友に贈る文
前編の続、中津の旧友に贈る〔ほか〕

学問のすゝめ (岩波文庫)
タイトルとURLをコピーしました