読書術・読書論

・村田あつみ「本への投資は惜しまない」

・村田あつみ「「変わること」と「変わらないこと」の2軸で選ぶ」

・村田あつみ「読書の質を高める「問いメモ」のススメ」

・村田あつみ「アウトプットの機会は強制的につくる」

・村田あつみ「マネジメントに本を活用」

「移り変わりの激しい情報が多い中、心を成長させてくれる本が必要。」

・齋藤孝「読書は自分を磨き、豊かに生きていく力を与える」

・齋藤孝「自分が必要とする知識をもっとも効率的に吸収して自分のものにできるツールが本」

・齋藤孝「多い日は一日に10冊以上読破する」

・齋藤孝「まずは楽しむだけでよい。読書は修行ではない」

嶋浩一郎「スキマ時間があれば本屋に行く」

嶋浩一郎「あえて興味のないコーナーをうろうろする」

嶋浩一郎「興味を持った本は迷わず買う」

嶋浩一郎「自分と発想方法が合う本屋を見つける」

村上太一「ひと月に10~20冊は読む」

村上太一「成功談だけでなく失敗談にこそ注目する」

・桑原豊「自分の立場に応じて必要な本を読む」

・桑原豊「心に強く響いた本は何度も読み返す」

・桑原豊「キーワードを設定する」

村上太一「成功者の自伝から学ぶ」

・名越康文「ジャンルを問わずテーマを追求」

・庵原リサ「話題の本を読み意見交換」

・高島宏平「いい本を何度も読み返す」

陰山英男「難しい本でも必死に読み、脳みそを鍛えるような読書体験というのは、やってみて損はありません。」

陰山英男「古典を読むことで”現代”を生きる力がつく。」

陰山英男「二十代は月5万円を書籍代に充てていた。」

陰山英男「難しい言葉にたえることで”読む力”が養われる。」

陰山英男「哲学書を貪り読んだ経験がキャリア形成に役立っている。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする